スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祈り

2008年12月22日 10:57

祈り

クリックで横1600まで大きくなります

原寸 B2サイズ
透明水彩
紙 Archces
筆 船=少し固めのアクリル用 それ以外=水彩用リス毛
2003年

16世紀の船をモチーフにした。
当時の遠洋航海は生きて戻ってこれる保証のない旅で、未知との遭遇ばかりだ。
女性はただ男たちを祈って待つしかない。
いつ戻るとも知れない旅を。



以下、数多くある習作の一部を公開。
紙は適当。サイズもA4ぐらいに描いている。

どのように「祈り」というテーマを伝えるか、考え込んだ。
名称未設定-6
↑これだと、女性がメインになって、船が浮き出てこない
名称未設定-5
↑船の向きと女性の向きが同じだが、構図に問題はないだろうか
名称未設定-4
↑戦う女神、ヴァルキリーっていうのもどうだろうか

ここから先は、構図がある程度決まってからの雰囲気作り
女性のポーズや、船を見る視点を動かしているところに注目。
名称未設定-3
名称未設定-2
名称未設定-1
いよいよこの後、B2サイズのとりのこ用紙(一番安いやつ)を買ってきて
下書き&習作に入る。
そして出来上がったのが・・・


イラスト 目次 へ
スポンサーサイト

紅蓮天舞(ぐれんてんぶ)

2008年12月23日 00:01

紅蓮天舞
クリックで横1600まで大きくなります

原寸 B2サイズ
透明水彩
紙 Archces
筆 少し固めのアクリル用 &水彩用
2002年

少し前に描いた、SKY SWORDSの「宇宙の支配者」(竜みたいの)
あれの上をいく作品を作りたかった。
力強く飛翔するような、勢いのある作品を作りたかった。
画面いっぱいいっぱいに配置したんだけれども、構図はまだまだ考える余地ありの作品。

実は、下書きではもっともっと細かいディティールが存在するのだが
締め切りの都合で簡略化して描くハメになってしまった。

ちなみにオカメをモデルにしているわけじゃないw
モデルは鷲!
デザインしてて、頭がさびしかったので、トサカを付け加えてしまった。

B2サイズの下書きが見つからず。
1111_20081222174235.jpg


イラスト 目次

お風呂の運動会

2008年12月24日 00:00

お風呂

クリックで横1600まで拡大

原寸 B4サイズ
画材 透明水彩・パステル・木炭・色鉛筆
紙  象牙色キャンソン イラストレーションボード
筆  水彩用
2006年

お風呂の中でボーっとしていて思いついた作品。
その後イロイロ落書きをして、なんだか作品になってしまった。
まだ日の目を見ていない。
今まで真面目な作品が多かったので、柔軟に描きたかった。
もともと象牙色の紙に描かれているので、こんな色調になっている。


その落書きを何点か。
名称未設定-1
名称未設定-2


イラスト 目次

森の中の鬼ごっこ

2008年12月25日 00:03

森
クリックで縦800まで拡大

原寸 B4サイズ
画材 透明水彩 パステル 色鉛筆
紙  キャンソン イラストレーションボード
筆  アクリル用の少し硬めの筆
2005年

ちょっと船に飽きていたので、違う作品を描きたくてこうなった。
もともとは美形キャラが好きだけれど、あえてそっち方面に行かないように工夫。
蝶の翼をつけた妖精のようなイメージで描いた。

色彩はまとまってていいと思うけど、
背景をもっと工夫できれば、と思う作品。

下書きは漫画っぽいのに、それがなかなかどうして、
いざ描き始めると落ち着いた雰囲気になってしまった。
名称未設定-1

イラスト 目次

浮遊渓谷

2008年12月26日 00:00

浮遊渓谷
クリックで1600まで拡大

原寸 B3サイズ
画材 透明水彩 パステル
紙  キャンソン イラストレーションボード
筆  船=アクリル用 背景=水彩用リス毛
2004年

船にこだわりを感じていて、雰囲気とかそんなのは二の次!
とにかく船をリアルに描写することにこだわっていた。
この船を描くために、プラモ屋さんで木材の船を買ってきて製作。
そのときの名残で、この船のモデルになっているのは「ゴールデンハインド」

「祈り」と違って帆をはらなかったのは、ヤードやロープの細かい部分を描きたかったから。

背景は渓谷を空中に浮かせたら、というイメージ。
普通に船を海に浮かべるだけでは物足りなかった。
そこで、どこか別の世界の空中を彷徨っている、というイメージにした。
下にあるのは、地球。
その下にむけて、船の碇(いかり)が下ろされている。

難点は、背景の渓谷、もっと上手く描けなかったか、という部分。
以下、習作では、もっと色使いを派手にして、力強く描こうとしている。
名称未設定-2
名称未設定-3
これが「ゴールデンハインド」黄金の風。
名称未設定-1

イラスト 目次


以下ゴールデンハインド奮闘記。
[浮遊渓谷]の続きを読む


最近の書き物


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。